読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くるんちゅ日記

1991年生まれ、統合失調症、専業主婦。日常を綴ります。

業務スーパーの食材で作る かんたん時短でおいしくて、おなかにやさしいかぼちゃタルト

おはようございます、くるんちゅです。

旦那さんをお見送りして、まったりタイムです。

 

 

最初なのでたくさん更新しています。

 

 

今日は、主婦らしくお料理の記事を書きます^^

 

 

ででん!

 

 

f:id:kurunchu:20150902085427j:plain

 

 

 

 

時短でおいしいかぼちゃタルト〜〜〜〜(※おいしくなさそうに見えますが旦那さん曰くかぼちゃ嫌いの俺でも食えるほどおいしい、らしいです*^^*)

 

 

自分で用意する道具は、ボウルひとつ、大きめのスプーンひとつ、ちいさい器とおおきい器ひとつずつでできてしまうので、洗い物も楽です!

 

では、材料(直径15㎝)です

 

土台

  • 砕きやすい薄めの甘いビスケット (70g〜100g)             
  • バター (30g)

本体

  • 缶でプシューと出るタイプの生クリーム (量は握り拳ぐらい、お好みで)
  • オリゴ糖(かなりたくさん使いますが、お好みで)
  • 全卵 (二個)
  • 冷凍カットかぼちゃ(500g 一袋)
  • ブランデー (大さじ1)

 

これらの材料はすべて業務スーパーで購入しました。

すべての材料を合わせても500円ちょっとぐらいだとおもいます。

 

では、道具です。

 

  • 大きめのスプー
  • 大きめのボウル
  • 小皿(バターを溶かすためのもの)
  • 直径15㎝の紙のケーキ型(100円ショップとかで売っています)
  • カボチャ500gをチンできる大皿

 

以上です!

 

 

*つくりかた*

工程をこまかく書いたので長いですが実際の作業時間は20分かからないくらいです。

 

  1. 解凍したカボチャをそのままお皿にのせて4分ほどチンして冷ましておく。
  2. バターを小皿に入れ20秒チンして溶かす。
  3. オーブンを180度に予熱はじめ!
  4. かぼちゃの皮をスプーンでくりぬく。やわらかいのでかんたんにできるとおもいます。かたくてできないようなら様子を見て追加でチンしましょう。
  5. 土台になるビスケットを砕く。厚めの袋にいれて丈夫なマグカップの底などで砕くとやりやすいです。
  6. バターとビスケットをてきとうに混ぜて(できればクッキングシートを敷いてから)ケーキ型に敷く。これで土台完成!
  7. タルト本体材料(生クリームは握り拳ぐらいがめやす、オリゴ糖はお好みで)をすべて入れ、スプーンでまんべんなく混ぜて、オーブンに入れて45分焼く。表面がすこし割れるくらいの焼き加減がベスト!

 

         完成!!(^^)

 

 

書いてたら食べたくなってきちゃったので、土日に作って旦那さんとおうちカフェしようかな〜!

 

 

それでは、朝のお薬を飲んで家事をしてきま〜す!