読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くるんちゅ日記

1991年生まれ、統合失調症、専業主婦。日常を綴ります。

わたし的 初恋の人と10年なかよしでいるということ

こんばんは。くるんちゅです。

 

前回、すこし刺激の強い記事をかいてしまいました。

びっくりさせてしまったら、ごめんなさいね。

 

 

 

 

今週末は、ひさびさにだんなさんとずっとおうちにいました。

いつもおでかけしてたくさん歩くので、新鮮でした。

そして、わたしはだんなさんといっしょにいることがほんとうに、すきなんだなあと実感しているさいちゅうです(*^艸^)

 

 

 

というわけで、今夜は、ちょっとてれくさいけど、恋愛にうといわたしが、恋のおはなしをしてみようとおもいます。

 

 

 

だんなさんとわたし

だんなさんの初恋のひとは、わたしかどうかはさだかではありませんが、わたしがはじめておつきあいした恋人なんだそうです。そして、わたしのはじめての彼も、だんなさんです。というか、初恋のひとがだんなさんです。

 

 わたしたちは、初恋人どうしの夫婦、ということになりますね^^

なにもしらないわたしたちが、おままごとのように恋をしていたらそのまま夫婦になってしまって、なんだかしぜんだけど、ふしぎな感じです。

 

 

なかよしって、どんな感じ?

なかよしといわれても、なに?漠然としていますね。では、わたしたちなりのなかよしを、説明します。

わたしたちは、たすけあって生活をしています。といわれても、これも漠然としすぎてよくわかりませんね。つぎの項で、せつめいします。

 

 

ゆる〜い役割分担 

わたしたちは、似たところと正反対のところがあります。これは、ふつうですね。

わたしたちは、ふたりともお勉強がすきです。でも、すきなお勉強の傾向がちがいます。

 

だんなさんは、経済学部をでて会計ソフト?をつくっている?システムエンジニア、ですので、政治経済やパソコンのことがくわしくて、よくブログにもそんなおはなしをのせています。

わたしは、ものづくり好きの理系で、統合失調症の専業主婦、ですので、その関連のこと(家事や病気や科学のこと)ならだいたいなんでも興味をもちます。

 

 

わたしたちは、お互いのお勉強のことには基本的に干渉しません。たとえば、だんなさんはむりやりわたしに経済のお勉強をさせようとしません。わたしも、むりやり化学のおはなしは、しません。興味をもってきたら、はなしますが。(ちなみに、わかりにくくエスプリがたりないと不評でした(;ω;)

 

これとおなじように、ふたりの役割はだいたい分担されて、お互いの畑には、入りたいときに入り、入られた方はいやなかおをしない、という生活をしています。

 

 

わたしがだんなさんの畑にはいることはほとんどありませんが(わたしはだんなさんよりずっとかしこくない頭をしているので、なにをしているか理解すらできないから、はいりようがないのです、笑)だんなさんはわたしの畑にはいってきて、ちょこちょこっとなにかしていきます。

 

たとえば、お料理です。

だんなさんはおいしいものをたくさん知っているので、自分がおいしいと思うものをつくると、たいていおいしくできてしまうのです。

わたしにアドバイスしてくれることもあります。わたしはそれをへ〜、ときいて、つぎにいかします。

 

そして、だんなさんはわたしが病気でうごけなくなってしまったとき、そのおいしい料理をわたしにつくってくれるのです。

うれしいっていうと、ふつうだよ、といって、わらいます。

 

 

わたしたちは10年かけて、じぶんの畑を耕して、あいての畑を耕すバランスをさがして、ときどきあいての畑を耕しに行って、それが刺激になり、またじぶんの畑を耕して、実がなるのをふたりでいっしょによろこぶ。そしてその過程をたのしんできたようにおもいます。

 

 

なにごとも、バランス、バランス、そして向上心、のまいにちです。

 

これって、ふたりでいきていくには、けっこう大切なことなんじゃないかなって、わたしはおもいます。なかなか、難しくてできないときもたくさんありますが、そこはふたりでどんまいどんまい、です。

 

 

このバランスとどんまいができるふたりでいるってことが、なかよしってことなんじゃないかなあ。っておもうのです。

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

いかがでしたか。完全にただのおのろけ記事になってしまいましたね。

ごめんなさい(*^艸^)

 

いろいろ思い出したらほんわかして、ついつい暴走してしまいました。

 

 

 

ではでは、みなさまおやすみなさいませ。わたしはだんなさんが眠るまで、もうちょっと起きています。